2019-06-25

■ヤーラ■ ジープサファリで出会えた生き物!!-動物編①-

アーユボワーン!!

ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。
前回までのジープサファリで出会う動物シリーズが
思いのほか、好評?をいただいたので、さらにシリーズ化していこうと思います!

今回から数回に分けて、あの人気の国立公園、ヤーラ国立公園での
ジープサファリで出会った動物をご紹介させていただきます。

スリランカでのサファリは、ずばり「運」もあります・・・
アフリカでのサファリのように、シマウマやらキリンやら、
大型の動物がジープに乗るだけでたくさん見られるようなサファリではなく、
自分たちから探しに行くサファリです。

皆さんがいらっしゃる時も、ご紹介させていただく動物たちを
ぜひ、目を凝らして探してみてください☆

パート1となる今回は、動物、しかもちょっと大きめなものを!
まずはなんといっても"レオパード"!!
優雅に歩く姿をキャッチ!

ヤーラ国立公園はレオパードの密集度が高い(人口密度が高い)ことで
知名度の高い公園です。

ということはつまり、そう、言い換えれば
レオパードに出会える確率が上がる! ということです。

こんな可愛らしい姿も見れるかもしれません。。。

ごろごろしています

お!寝返りきたかーーー!?

シュッ。何もなかったかのように起き上がりました。
私はレオパード運が悪いようで、、、
これまで何度もヤーラサファリでチャレンジしていますが
くっきりと出会えたことは残念ながらありません・・・がーん。

次回はきっと出会えるでしょう!!とポジティブポジティブ♪
落ち込んではいられないですよね。

次に大きな動物といえば。。。
スリランカゾウ。可愛らしい目が印象的です☆
前回学びましたが、10mくらいしか見えないんですよね。スリランカゾウ

この距離ですと、かなり迫力あります
ゾウまでの大きさ、とはいきませんが、
次に大きな動物といえばスイギュウでしょう。

何とも言えないこの顔が私は大好きです!

のんびりとくつろぐスイギュウの群
私たちも水分を摂取するように、動物たちにも水分は貴重です。
ということで、水辺にはやっぱり動物たちが集まってきます。

スイギュウが水浴びをしている様子
次のご紹介はアクシスジカ
英語ではIndian spotted deerといわれることから推測できるように、
斑点模様が特徴のシカです。この斑点模様はオス/メスともに
1年を通して消えることはないそうです。

日本でシカといえば奈良のシカですが、冬には斑点が消えるそうです。

アクシスジカとインドクジャク(手前)
彼らはとっても敏感です。
ジープの気配にもしっかり気付いている印象でした。

カメラを見つめています

さて、今回ご紹介の最後はイノシシ!!

かなり力強そうなイノシシ
イノシシはとても凶暴、という印象が強いですが、
こんな可愛らしい、子供連れのイノシシファミリーに遭遇しました!
も、持ち帰りたいほど愛おしい・・・・笑

列を作ってえさを食べている様子がかわいい
次回はもう一回り小さな動物をご紹介いたします。
目を凝らして探してみてくださいね!

↓弊社サイトで紹介している、ヤーラ訪問ツアーはこちらから↓
■スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン
■インド洋の真珠で固有種の野鳥と出会う スリランカ・バードスペシャル6泊7日
■ミリッサ ホエールウォッチングとヤーラ国立公園サファリ ネイチャースペシャル4泊5日

なお、例年通りですと8月末から9月いっぱいは干ばつのために
国立公園を閉園します。詳しく知りたい方はぜひお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■


Text by Reina Sakamoto

2019-06-20

【エレファントトランジットホーム】から学んだ!   スリランカゾウの生態

アーユボワーン!!!

ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。
先日のウダワラウェ訪問は、本当に勉強になりました・・・

本日はスリランカゾウについて、「INFORMATION CENTRE」で学んだ
生態について、ご紹介させていただきます!

写真は、ヤーラやミンネリヤ、ピンナウェラ象の孤児院等、
スリランカのあらゆるところで出会ったゾウの写真をピックアップしております。

川を渡るゾウの家族♪in YALA

【EYES : 目】
ゾウの目は身体の大きさと比較するとかなり小さく、視野もそこまで広くありません。
鮮明に見えるのはおよそ10m先まで、とも言われているそうです。
目の位置も、周辺を見ることが限られる場所にあります。

親子のゾウ in YALA
確かに、身体が大きいから身構えることも多いですが、近づくとキョロっとした
可愛らしい目で癒される事も多いですよね。
大人の歩幅が1mとしたら、10歩分くらい先しかくっきり見えないなんて・・・
少し驚きました。


【EARS : 耳】
ゾウは耳がかなり特徴的のようで、形や色素、大きさによって
個体を識別する事ができるようです。
大きくて薄い外耳は自動車の機関冷却器(ラジエーター)のように機能し、
耳をバタバタすることで耳にある血管を空気にあてて冷やしているのだとか。

言われてみれば・・耳に斑点のような模様が見えるような・・・

【Trunk : 鼻】
ゾウの一番の特徴でもある、ゾウの鼻。長いもので2.5mにもなるそうです。
食事や水分補給、水浴びや他のゾウとの触れ合う時に利用したりと、
ゾウ社会においてはとても重要な役割を果たしているといえます。

子ゾウもしっかり鼻が長い!
いわれてみれば、おかあさんゾウが子ゾウと鼻を使って戯れている?様子は
よく見ますよね。なんだかほっこりした気持ちになります。


【BRAIN : 脳】
ゾウはとっても頭の良い動物です。
脳はあらゆる陸上哺乳類の中でも大きく、しわの数も多いそうです。


【TUSKS : 象牙】
象牙は上顎から生えており、常に成長し続けているそうです、
牙の1/3はゾウの頭に深く埋め込まれており、象牙のあるスリランカゾウは
オスの約7%にしかみられないそうです。

立派な象牙を持っているゾウ in Minneriya
貴重な象牙。野生のタスカー(象牙のあるゾウの呼び名)にサファリで出会えたら
かなりラッキーかも☆

【FEET : 足/爪】
スリランカゾウの多くの場合、前肢の爪は5個、後肢の爪は4個です。
足には衝撃を吸収する機能があります。

確かに・・・後ろの爪は4個!

この他にも、オス/メスの違いや食事に関して等、
インフォメーションセンターには詳しく説明がありました!

トランジットホームでのフィーディングタイムが終わった後に
ぜひ訪れてみてください!きっとゾウへの理解が深まる・・はずです!

これからはミンネリヤ国立公園でのサファリシーズン!
スリランカゾウの予備知識をもとにお出かけされてはいかがですか?

ご質問等がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

↓弊社サイトで紹介している、ウダワラウェ訪問ツアーはこちら↓
■スリランカ版グランピング体験!ホエールウォッチングとウダワラウェ2泊3日 
■スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン

Text by Reina Sakamoto

2019-06-14

【エレファントトランジットホーム】のご紹介

アーユボワーン!!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

先日、久しぶりに中学校の同級生と連絡を取った時の話・・・
「へぇ~、スリランカで働いているの?
 あのスリー・ジャヤワルダナプラ・コッテでしょ!」

え!こんなに首都すらーっと出てきます?
ちなみに彼は日本の建築会社で働いている、スリランカに一度も来た事がない友人です。

中学校で習っていたんですね、首都名が長い国として。。。
同級生はしっかり覚えていました!しかも噛まずに言っていてびっくり。
(私でもたまに忘れる事あるのに・・・笑)

さてさて、その話は置いておいて。
本日は前回からご紹介しております、ウダワラウェにある
「エレファントトランジットホーム」
をご紹介いたします!!

パーキングエリアの様子。本日は研修旅行とのことで学生さんがたくさん!

どんな場所かといいますと、
何らかの事情で親とはぐれてしまった子ゾウ、
事故にあってしまい助けを必要としているゾウ、などを
自然に帰せるように一定期間、保護する施設です。

と、同時に地元の人々にゾウの生態について理解してもらい、
人間とゾウが共存できる社会の実現に向けて取り組んでいる施設でもあります。

ですので・・・・
まずはゾウを知るところから!

入るとすぐに・・・
ゾウの骨!!!
迫力ありますね・・・

夢の国でミッキーを探せ!
のように、ゾウを探せ! ということでいたるところにゾウがいます。
ゾウさんへの愛情を感じます。

通路がゾウで囲まれてます!
ずらずらーとみんなが向う先へ着いて行くと・・・

学生がたくさん!

そうです、皆さんお待ち兼ねのフィーディングタイム(餌やりの時間)です。

奥の方からどんどん集まってきました

こちらの施設ではゾウを自然に帰すことが目的です。
そのため、人間との接触しすぎないようにかなり気をつけているとのこと。

子ゾウたち、成長するためにミルクは必須です
少し距離はありますが、たくさんのゾウを見ることができます。
ちなみに、キャンディーのピンナウェラ象の孤児院と同じように
餌付けの時間が決まっていますので、この時間に合わせて訪問しましょう!

タスカー(象牙)!!!まだ小さいですね

フィーディングタイムが終われば、施設内にあるインフォメーションセンターへ。
ゾウの生態に関しての説明等、詳しく展示物がございます!

ぜひ訪れてみてくださいね。

ぞろぞろと学生さん達。バスに戻ります

次回はここで学んだ、ゾウの生態についてご紹介させていただきます!


弊社サイトで紹介している、ウダワラウェ訪問ツアー
■スリランカ版グランピング体験!ホエールウォッチングとウダワラウェ2泊3日 
■スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン

どうぞ!お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

↓過去のウダワラウェ関連のブログはこちらから↓
◆■ウダワラウェ■ ジープサファリに行ってきた!!-野鳥編-◆
◆■ウダワラウェ■ ジープサファリに行ってきた!!-動物編-◆
◆スリランカでグランピング!!?? 国立公園でのキャンプ泊はいかがですか?◆

Text by Reina Sakamoto

2019-06-10

■ウダワラウェ■ ジープサファリに行ってきた!!-野鳥編-

アーユボワーン!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

早速ではありますが!
今回は前回ご紹介できなかった、ウダワラウェジープサファリで出会った
野鳥たちをご紹介させていただきます★
(少し日にちが開いてしまいました、すみません・・・)

一生懸命、撮影したつもり・・・ではありますが、
ちょっとブレてしまっています。お許しください・・・笑

前回のおさらいですが、2月に早朝サファリ(6:00 ~ 10:00)を行なった際に
出会った野鳥の数々です。

まず初めは尾羽が美しい、インドクジャク。

インドクジャク
みなさん、この尾羽は繁殖期が過ぎると落ちるってご存知でしたか?
メスの前で尾羽を広げる姿は、本当に美しいです!

Green Bee-eater "ミドリハチクイ"
喉の部分が青(水色)く、のどもと斑点が黒いのが特徴です。
なんといっても、黄色・緑・青の色合いが素敵ですよね~。

この流れで色物の鳥のご案内へ・・・

真ん中中央部に注目!Common Kingfisher "カワセミ"
青い鳥!といえばインドでも有名な**KINGFISHER**

ん?と思った方、そうです!
あのインドで人気?のビールの名前もKingfisherですね。

(ちなみにスリランカで人気なビールはLIONです・・・)

White-throated Kingfisher "アオショウビン"
インドでもよく観察される、アオショウビン。
喉だけでなく、胸のあたりまで白いことが特徴ですね。

青と白、比較的目に付きやすい鳥な気がします。

Black-winged Stilt "セイタカシギ" と Red-wattled Lapwing "インドトサカゲリ"
水辺には比較的多くの野鳥を観察する事ができます。

Darter "ヘビウ"

見上げれば・・・・

Grey-headed Fish Eagle "ウオクイワシ"

木々の中、よーく目を凝らすと・・・発見!!

Orange-breasted Green Pigeon "ムネアカアオバト"
今回、スリランカの固有種は見れなかったものの、
サファリとしては上出来でした!


弊社サイトで紹介している、ウダワラウェ訪問ツアー
■スリランカ版グランピング体験!ホエールウォッチングとウダワラウェ2泊3日 
■スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン

どうぞ!お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

↓過去のウダワラウェ関連のブログはこちらから↓
◆■ウダワラウェ■ ジープサファリに行ってきた!!-動物編-◆
◆スリランカでグランピング!!?? 国立公園でのキャンプ泊はいかがですか?◆

Text by Reina Sakamoto

2019-06-05

今こそみんなでスリランカへ!夏限定ツアーのご紹介☆

アーユボワーン!!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

☆今こそみんなでスリランカへ! キャンペーン☆第二段☆

スリランカは日本と同じ島国です。そのため、
モンスーン(季節風)の影響を受けやすく、
時期によっておすすめなアクティビティーが異なります。

ここで誤解がないように・・・
スリランカは1年中、旅行できる国です!

具体的にどういうことかというと、例えば海のシーズンが異なってきます。
5月~9月東海岸のトリンコマリーやパーシクダー等がベストシーズン。
11月~3月南海岸のゴールやベントタ等がベストシーズン。

この時期に合わせた旅行ですと、海でのアクティビティーや滞在を
プラスで楽しめちゃいますね♪

まあ、考えてみれば日本も四季があり、
春には・秋には紅葉・・・
同じ場所ですが観光する時期によって楽しみ方も異なります!

さて、、、だいぶ前置きが長くなってしまいました。
これからの夏休みシーズンにおすすめのアクティビティーは、
ずばり スリランカ ゾウ です。

鼻であいさつをするゾウたち

こちらのブログでも何度かご紹介させていただいておりますが、
ミンネリヤ国立公園エレファントギャザリングが見れるシーズンになります!

↓過去のブログはこちらから↓
ゾウの楽園 ミンネリア国立公園

集まるゾウ。at ミンネリヤ国立公園

このミンネリヤ国立公園、決して大きな国立公園ではないものの、、、
なんといっても立地が最高です。
(観光客にとっても、ゾウにとっても!)

スリランカに来てまず誰もが訪れるであろう、シギリヤ・ロック。
そこのすぐ近く、地図上でみればHABARANA(ハバラナ)のエリアです。

このエリアには他にも1時間~2時間の移動圏内で世界遺産がいち、にー、さんと
3つあり、ちょっと足を伸ばせば4つめのキャンディまで迎えちゃいます。

今回ご紹介のツアーは、この時期に合わせて他にもおすすめ
アクティビティーをぎゅぎゅっと凝縮しよう!と企画したツアーです。

順番にご紹介しますね、
■アクティビティーその①:ミンナリヤ国立公園での半日ジープサファリ
シーズンでのご案内、多いときには300頭ものゾウと出会える・・・かも!?

■アクティビティーその②:ビレッジサファリツアー
シギリヤエリアで人気のアクティビティー、
昔ながらの生活や、食事作りもお手伝いできる体験型ツアーです。
↓詳しくは過去のブログをご覧ください↓
ヴィレッジ・サファリ in Habarana ■前編■
ヴィレッジ・サファリ in Habarana ■後編■

ママさんの真似をして・・・
■アクティビティーその③:アーユルヴェーダ(ヘッドマッサージ)
アーユルヴェーダと聞いて、スリランカをイメージする人も
最近は多くなってきたのではないでしょうか。
せっかくスリランカに来たのなら体験してみたい!!という方へ嬉しい
ヘッドマッサージをツアーに組み込みました。

人気のシーロダーラを体験できる施術室

■アクティビティーその④:2つの世界遺産訪問
外せない人気の世界遺産:
シギリヤ・ロック と ダンブッラ石窟寺院 を訪問します。

と、盛りだくさんの夏限定ツアー!!

昨年のツアー発表時のブログではこの各アクティビティー(ポイント)について
詳しくご紹介させていただいております。
↓ぜひこちらもあわせてご確認ください↓
08月限定!!人気の観光地満喫ー新規コースをご紹介

皆様からのお問い合わせ、心からお待ちしております!!
【7月/8月限定】世界遺産シギリヤ・ロックとベストシーズンに訪れる象の楽園ミンネリヤ国立公園


Text by Reina Sakamoto

2019-05-30

今こそみんなでスリランカへ!特別価格でご案内します!

アーユボワーン!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

例年通り、今の時期はスリランカではオフシーズンといわれているため
問い合わせもかなり落ち着く頃なのですが。。。
それでもお問い合わせ件数が昨年の1/3というのは、、
「うぐっ」 となります。

ですが、いつまでも悲しんではいられない!!

と、スタッフを奮い立たせ、実現しました!
☆今こそみんなでスリランカへ! キャンペーン☆
(完全に勝手に名付けちゃいました、笑)

どんなキャンペーンなのか、といいますと、
弊社でも人気の高いツアーをかなり頑張った価格でご案内します!
というものです。
自分で言うなよ!と、ツッコミが聞こえてきそうですね・・・

その通りです。でも、いつまでも悲しんではいられないのです!
(本日2回目!)

対象ツアーはこちら。
光り輝く島へようこそ 3つの世界遺産とヌワラエリヤ3泊4日

伝統舞踊 キャンディアンダンス
販売当初からの大人気ツアー
効率良く、主要の観光地を回り、さらに高原列車にも乗車します。

紅茶の産地として有名な中央高地、ヌワラエリヤへ・・・
お休みの都合であんまり長期間休めないけど、
たくさん周りたい!という方におすすめですね。

お食事や各観光地での入場料を含め、490USドルから のご案内です!
この内容でこの値段、、、
なかなか お・と・く♪だと思いますよ!!


対象ツアーその2、
セイロン島を縦断! 4つの世界遺産とヌワラエリヤ4泊5日

こちらは3泊4日のツアー内容に、さらに世界遺産のゴールが組み込まれた
効率良く世界遺産を多く周りたい人にはもってこいのツアーです。

要塞の後@ゴール
もちろん、どちらのツアーも共通ですが
ハイライトのシギリヤ・ロック!

どちらのツアーもシギリヤ・ロックを登頂するツアーですので、
ぜひ、頂上からの景色をご堪能ください。

シギリヤロックでの「ライオンの爪」
こちらもお食事や各観光地での入場料を含め、599USドルから のご案内です!


上記2ツアーのキャンペーンは10月31日までとなります。
皆さん、この機会にぜひ
☆今こそみんなでスリランカへ! キャンペーン☆
でスリランカへお越しください!

■お問い合わせはこちらから!■

Text by Reina Sakamoto

2019-05-24

■ウダワラウェ■ ジープサファリに行ってきた!!-動物編-

アーユボワーン!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

近頃は今年の年末の団体ツアーの仕込みでわたわた!
弊社の母体の会社である、西遊旅行から来年もとっておきの、
特別なツアーを発表しますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね☆

さて、本日は
スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン
のツアー中にも訪れる、ウダワラウェについてご紹介させていただきます。

ウダワラウェ国立公園 入り口
 
遭遇率はかなり低いですが、レオパードも生息している国立公園。
シーズンを通してゾウの群に遭遇できる、ということでも知られています。

スリランカの有名どころの国立公園、
[ヤーラ国立公園] や [ウィルパットゥ国立公園]
よりかは比較的アクセスが便利?です。

公園エントランスで並ぶジープ (朝5:30)

スリランカでのサファリは基本的に、早朝サファリ / 午後サファリ / 終日サファリ の3つ。
早朝:6:00 ~ 10:00
午後:15:00 ~ 18:00
終日:6:00 ~ 18:00
※国立公園によっては異なる場合がございますのでお問い合わせください!

よく、サファリのベストタイムはいつですか?と質問をいただきます。
シーズンや国立公園によって異なります。
サファリの時間帯に設定されている、涼しい朝の時間帯や夕方の時間帯に
活動するとも言われています。
動物だって日中の熱い時間帯に動き回るのは好まないですよね・・・

朝日が見えてきました!

乗り込むジープに関してはヤーラやウィルパットゥ・ミンネリヤなどと同じような
オープンタイプのジープです。

早朝のうちは風が吹くとかなり涼しいです・・・

今回は2月に訪問した際に遭遇した動物達をご紹介いたします。

早速、公園内に入ると出会えた、水牛さん

気持ち良さそうに水浴びをしている水牛

ジープドライバー同士、どこにどんな動物がいると連絡を取り合います。


スリランカゾウ!出会えました^^

ウダワラウェ国立公園はゾウの群が見れることで知名度の高い公園ですが、
今回は残念ながら群では見ることができませんでした・・・

イノシシの親子!!
おかあさんイノシシが少し暗すぎてよくわからないことに・・・

子イノシシをアップでパシャリ!
今回は早朝サファリだったため、あっという間に退場の時間が迫ります・・・
動物をゆっくり見たい方にはやはり終日サファリがおすすめですね!

野鳥もたっぷり見れましたので、出会った野鳥に関しては
次回のブログでご紹介させていただきます。


最後に・・・・癒しの水牛で★
なんとも言えない、気持ち良さそうな顔です

弊社サイトで紹介している、ウダワラウェ訪問ツアー
■スリランカ版グランピング体験!ホエールウォッチングとウダワラウェ2泊3日 
■スリランカの森と海 ネイチャー・スペシャル9泊10日モデルプラン


どうぞ!お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

↓過去のウダワラウェ関連のブログはこちらから↓
◆スリランカでグランピング!!?? 国立公園でのキャンプ泊はいかがですか?◆

Text by Reina Sakamoto