2018-06-15

スリランカに1週間旅行、モデルプランってどんなもの?

アーユボワーン!!

ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。
最近のお問い合わせで、ブログを読んでいます!とメールをいただきました!
しかも複数名様から。
本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

これからも皆様のご旅行に役立つ?情報をお伝えできればと思います!!!

さて、本日は1週間のモデルプランツアーのご紹介です。
■スリランカの文化遺産全6ヶ所を巡る!
 モデルプラン スリランカ周遊 7泊8日

日帰りや1泊2日、3泊4日などのわりと短いツアーをこれまで
ご紹介させていただいておりましたが、
今回は思い切って7泊8日のモデルプランのご紹介です。

インビテーションロックからの景色 at ミヒンタレー

実際、こちらは昨年の7月、F谷様の手配で承ったツアー。
内容盛りだくさん!とにかくたくさん周りたい!
スリランカの全部を体験したい!!!
という強いご希望とエネルギッシュなお二人に向けて、
全力でご提案させていただきました!

これからツアーをご検討される皆様の少しでも参考となれば幸いです。

※ポイントその1※
とにかく、たくさん周ります。
北はアヌラーダプラから南はゴールまで。
もちろん、中央高地のキャンディやヌワラエリヤも訪れます。

イスルムニヤ寺院の涅槃像 in アヌラーダプラ
スリランカの世界遺産は8つ。
その中で、文化系と自然系に分かれるのですが、文化遺産は全て制覇しちゃいます!

アヌラーダプラでの1枚、まだまだ発掘途中の遺跡がごろごろしています
この時点で既に魅力たっぷりですよね!


※ポイントその2※
魅惑のミヒンタレーも訪問しちゃいます!
個人的にかなりおすすめさせていただいているミヒンタレー、
観光地としての知名度はまだ少ないのではないでしょうか?

僧たちの会議場跡。規則などが昔の言葉で書かれています!

インビテーションロックからの景色は最高ですし、
登るまでのスリルがまた溜まりません!

手すりにしっかりつかまりましょう

といっても、あまり頑丈な手すりでもないですが。。。

現地の人は裸足で登っちゃうからこれまたびっくり。

これまで何度か訪問していますが、たどりつくまでの階段が長いからでしょうか、
観光客が少ないからでしょうか、、、
混んでいる時間帯にあったことはまだありません!ラッキー!


※ポイントその3※
最終日のアーユルヴェーダ体験。
旅の終盤、異国の地での旅行はやっぱりどこか疲れるところがありますよね、
そんな疲れを癒してくれるマッサージやヨガ体験。
体質に合わせて1人1人異なるメニューがでてくるお食事。

汗が流れ出るスチームバス!とってもすっきりしました

ヨガ体験上。朝6時集合でしたが早起きしてよかったです
旅の疲れもどこかへ吹っ飛びます!


※その他のポイント※
あげだしたらキリがない!!ですが、、
ざっとこれほどの魅力が詰まっています!!!
・ミンネリヤ国立公園でのジープサファリ
・シギリヤ・ロック
・エレファント・ライド
・ポロンナルワ
・ダンブラ石窟寺院
・キャンディ仏歯寺
・スパイスガーデン
・キャンディアンダンス
・ピンナウェラ象の孤児院
・ヌワラエリヤまでの高原列車
・紅茶工場見学
・世界遺産ゴール観光

シギリヤ・ロックを背景にエレファントライド

今後もモデルプランシリーズは随時、ご案内させていただければと思っています。

こんなツアーないですか?という問い合わせなども
どしどしお待ちしております!!

どうぞ!お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

Text and Photo by Reina Sakamoto

2018-06-11

キャンディ、仏歯時の歩き方

アーユボワーン!!
ネイチャーエクスプローラーランカのカナルです。
スリランカは温度が高いですが、日本にいらっしゃる皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 先日、スリランカでの大雨により、国立公園などで洪水が起こりましたが、最近は普通の生活に戻ったところです。

さて、本日はキャンディの歩き方に関しまして、紹介いたします。

キャンディ仏歯寺の歩き方: 
キャンディはスリランカの首都コロンボから東方面、約140キロの距離にある街です。専用車の移動で約3時間かかるこの街はスリランカの中、コロンボの次に2番目の大きい街と言われています。たくさんの山に囲まれており、一年中の温度はあまり変わりなく、約20度から25度前後です。
キャンディ市とキャンディ湖

キャンディは寺院など、紅茶畑、湖やスリランカ料理が有名ですので、一年中観光客が多いです。特にお祭りやお寺のイベントの際は街全体に外国人の観光客が多く見えます。
そんな人気の街にある仏歯寺の歩き方を簡単に紹介させていただければと思います。

 仏歯寺は紀元前4世紀にインドから運ばれたと言われているブッダ―(お釈迦様)の歯を祀るために建造されたと言われており、かつてシンハラ王の首都だったキャンディ町のキャンディ湖の横にあります。 仏歯寺の駐車場はお寺から少々離れていますため、5分ほど歩きます。
仏歯寺外観
少々歩き、セキュリティーゲートでカメラや携帯電話などを見せ、中に入ります。
時々中に車が通っているのが見えますが、お寺の職員さん、スリランカのVIPや特別に許可を得ている人々以外は徒歩でお寺の方へ進みます。

ゲートから仏歯寺へ進みますと、白い建物に赤い屋根(Pattirippuwa)が見えます。かつてキャンディー王国のお城だったこの建物から当時の王様がキャンディー国民に挨拶をしていたと言われています。
Pattirippuwaと仏歯寺の外観
Pattirippuwaの前に見える堀の内側に壁が見え、現地語ではDiyareli Bamma(日本語で水紋の壁という意味です)といいます。キャンディ湖の周りを見ますと、同じような壁があります。
この壁にたくさんの穴が見えますが、それはお祭りなどにココナッツ灯を置くために使われています。Pattirippuwaを向かって左手に進みますと、その右手に仏歯寺のメインとなる入り口(Maha Vahalkada)がありますので、ここから中に入ります。

ゲートから約100mのところにチケット販売カウンター、靴を預ける場所があります。仏歯寺本堂に入るためにチケットが必要ですので、こちらでお買い求めください。
また、寺院敷地内は土足禁止ですので、ご注意ください。
仏歯寺の入場料リスト(2018年01月現在)
入り口の階段をあがりますと、チケットをチェックされる場所(門の前)があります(入場のチケットを見せないと入場できませんので、お持ちください。)。 
チケットチェックを受け、寺院へ入ります
チケットのチェックを受け、敷地内に入ると、立派なトンネルがあり、たくさんの崇拝者が描かれています。ここのトンネルをくぐりとメインホールに付きます。 メインホールにお堂が見え、お寺の門は木で作られた立派な門、青銅と象牙の飾りが見えます。このお堂の前にあるスペースで祈り(プージャー)が行われることが多いです。
1階の寺院は象牙で守られています。
仏歯がありますのは、2階にあるお寺(Vadahitina Maligawa)の中です。毎日3回行われるプージャーの時間(05:30時、09:30時、18:30時)に一度お寺の門を開けダーガバ(仏塔)を見せます。この時間に白い花、ハスの花を持った巡拝者はたくさん見えます(ハスの花などはお寺敷地の外側に販売されています)。お経を唱える巡拝者も少なくありません。
仏歯が見えるのはとても珍しいことで、年に1回ほどです。
花を掲げ、お祈りする現地の人
その後、1階に降りて、敷地の奥側へ進みますと、大きなホールがあり、インドからスリランカまで仏歯を持ち運ばれたときのストーリーとなる絵がたくさん飾られています。
ここの奥に大きなブッダの仏像もあります。1番の絵から読みますと、仏歯寺の歴史について詳しく学ぶことができます。
仏歯寺を運んでこたストーリーとなる絵
また、仏歯寺を向かって左側に建造された新しい建物には剥製された象の”ラージャ”の体が置いてあります。”ラージャ”はスリランカで行われる大きなお祭り(ペラヘラなど)に長年仏歯がある棺を運んでいた象であり、スリランカの国産とされています。
スリランカの国産、ラージャ
弊社にて仏歯寺を含むツアーをご案内させていただいております。また、コロンボ発の日帰りツアーの手配も承っておりますので、お問合せください。




Text by Sanjib Raj Khanal
Photo by Saiyu Travel

2018-06-05

スリランカでグランピング!!?? 国立公園でのキャンプ泊はいかがですか?

アーユボワーン!!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

さて、突然ですが!
皆さん、キャンプはお好きですか?
私は小さい頃、週末になればよく家族とあちこちキャンプに出かけていました。

家が岩手県なので、東北6県が主な目的地ですが、
金曜日の夜に出発して・・
朝起きたら車の中、キャンプサイトへの道中!
お父さんとお母さんの笑い声・・・
コンビニストップでトイレ休憩/朝食ブレイク・・・
キャンプサイトに着いたら、テントの組み立てほったらかしで
周辺の探検へ・・・

そんな懐かしい思い出?から、こんなツアー作れないかな・・と
ふと考えていたさなか!?

ちょっと機会がありましてウダワラウェへ。
宿泊は公園内のテント、まるで今流行りのグランピングのようです。

夜のキャンプサイト

日本でグランピングといえば、星のリゾートさんなどを
イメージされる方が多いのでしょうか。

とても、そんなレベルではありませんが、スリランカ版とつければ
許されるかな、なんて思っています。。。

宿泊テントの様子
お部屋の中はこんな感じ!

シンプルですが可愛らしいベッド!寝心地は・・・まあ、こんな感じでしょう
お食事風景!

外で食べるスリランカ料理は一味ちがいます!

なんといっても魅力は国立公園内であること!
向うにはジープを使ってサファリをしながら移動します。

象さんが目の前に!

出会える可能性がある動物たち・・・

とっても可愛らしい目をしたスリランカオオリスです

わ!ワニさん!

ゾウさんの家族、おしりがかわいいです

また、ウダワラウェにはエレファント・トランジトホームという、
野生のゾウの孤児を保護している施設があります。

係員がミルクをあげる様子
ゾウの保護といえば、ピンナウェラ象の孤児院が知名度高いですが、
スリランカには他にもゾウの保護施設はあるんですよ!

こうした施設のおかげで、怪我をしたゾウなどは
野生に帰られるように育ちます。
人とゾウが共存しているからこそ、必要となる施設ですね。


さて!ご案内ツアーはちょっとお値段が張ってしまうのですが、
ご家族やカップルでのご旅行はいかがでしょうか。。。?

ミリッサ沖でのホエールウォッチングと合わせて
新ツアーを発表しました!!

スリランカ版グランピング体験!ホエールウォッチングとウダワラウェ2泊3日 

どうぞ!お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちらから■

Text by Reina Sakamoto