2020-03-31

スリランカ査証の発給停止のおしらせ

 スリランカ政府より、国際線受け入れ、また査証発給の一時停止の発表がありました。
 
 現時点でスリランカに入国していない外国人に対する全ての査証について、新たな発給が停止され、また発給済みの査証についても一旦無効となります。

 外務省よりの発表内容を下に記しますので、あわせてご確認ください。

「3月19日4:00から4月7日23:59まで,スリランカ国内の全ての国際空港に到着する商用便の受け入れを停止する(ただし,出発便(ストップオーバー及び乗り継ぎ含む),貨物便,人道的フライト等の運航は許可する。)。

また,全ての種類の入国査証の発給を一時的に停止するとともに,未入国の外国人に発給済の電子査証,入国査証,上陸許可,数次査証及び滞在査証を含む全ての査証の効力を一時的に停止する。」

■外務省 海外安全ホームページ 新型コロナウイルス
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

2020-03-17

アライバルビザ発給の暫定停止・観光地の閉鎖について

在スリランカ日本大使館より、下記の通りスリランカのアライバルビザ発給の暫定停止の発表がありました。

1  11日夜,ゴタバヤ・ラージャパクサ大統領は出入国管理局に対して,速やかにオンア ライバルによるビザ(到着ビザ)の発給を暫定停止するよう指示しました(本措置は更なる 通知があるまで有効とされています)。

 2  これにより,ビザを取得してスリランカに入国する必要のある全ての外国人(日本人を 含む)は,スリランカ入国に際して事前にビザを取得する必要があります

3  つきましてはスリランカに入国される方は,事前にETA(電子渡航認証)若しくは最 寄りのスリランカ在外公館(駐日スリランカ大使館等)にてビザを取得されるようお願い致 します。

4  また,手続きや規則等については,事前の通告なく変更されることがありますので,必 ず最新の情報を確認してください。

5  最新の情報については,駐日スリランカ大使館(電話:東京 03-3440-69112)に問い合 わせるか,スリランカ出入国管理局,またはオンラインETA申請の各ウェブサイトを参照 ください。


スリランカ到着後、空港でのビザ申請は出来なくなりますので、ご注意下さい。


また、スリランカ国内の国立公園は2020年3月末まで閉園となっており、仏教遺跡等の観光地については外国人に対してのみオープンしています。

新型コロナウイルス関連の情報については日本大使館のウェブサイトより随時情報がアップデートされていますので、下記サイトよりご確認下さい。

■在スリランカ日本大使館
https://www.lk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


2020-03-10

ETA(渡航認証)の無償化が再開いたしました!

1月31日までで終了していたETA(渡航認証)の無償化が2020年2月26日~2020年4月30日までの間、
再開いたしました!

期間限定、オトクにスリランカを旅行できるチャンスです。

無償化となり取得費用は掛かりませんが、ETAの取得自体は必要となります。
詳細はスタッフまで、お気軽にお問合せください!

2019-10-30

Black-naped Monarch(クロエリヒタキ) at its Nest


Black-naped Monarch
Black-naped Monarch [Hypothymis azurea]
is an uncommon Resident bird in Sri Lanka, found in Dry Low-land to mid hills forests

Comparatively be found more in wet zone

It’s coming from flycatcher family and very active. 

Male is blue color with a white belly and has a black color patch on the Nape. 

Female is dull blue color head with brownish back, wings and tail

Habitat is Wooded areas and adjoining home gardens.


Text and Photo by Anuradha Bandara

2019-09-05

今年のペラヘラ祭りの様子~その①~

アーユボワーン!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

今年も終わりました、ペラヘラ祭り。
弊社のキャンディ出身、スタッフ達もお祭りが終わって少し寂しそう・・・
気のせいですかね、、

今年もお祭りの様子を写真とともにご紹介しようと思います!!

今年は祭りも終盤に差し掛かってきたRandoli Peraheraの様子をご紹介。
8月12日、わたしたちが座っていた銀行近くにできた特設会場では
19時40分頃からぞろぞろと行列が見え始めました。

パート①となる今回は、まずは象さんたちをメインにご紹介いたします。

お寺によって装飾は異なります
各寺院で飼われている象さん達が、それぞれ異なる装飾でやってきます。

鎖が多く、ちょっとかわいそう・・・
こぶりな象さんがいれば、大きな象さんも。
基本的にはタスカー(象牙)がある象が歩いてきます。

少し、装飾も派手になってきました
ちなみに、キャンディ郊外の人気観光地、ピンナウェラ象の孤児院卒業?の
象さんも多いようですよ。

基本的にライトは頭の部分のみ
ほとんどの場合、象に乗っている人は1人や2人ですが、、、
いよいよお祭りも終盤、となるとなんと4人!?

乗っている、4人!?!
やはりメインは仏歯が納められている輿。
いっそうの輝きを放っていました。

仏歯が納められています
 周りのスリランカ人の盛り上がりもすごい、すごい!

やはり仏歯が納められているだけあって、立派ですね。

お祭りそのものは、だいたい3時間~4時間くらい。
同じような装飾はないので、それだけでも興味深いですよ!

今回は象にフォーカスした紹介ですが、
次回はキャンディアンダンサー達を紹介させていただきます!

■お問い合わせはこちらから■
Photo by Saiyu Japan / Text by Reina Sakamoto

2019-08-15

コロンボから11km! 仏陀が訪れた聖地、キャラニヤ

アーユボワーン!!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

突然ですが皆様は仏陀が3度スリランカへ訪れたことをご存知でしたか?

一度目の訪問は、スリランカ中央部より少し東にあるマヒヤンガナという村。
それは仏陀が悟りを開かれてから9ヶ月後と言われています。

二度目の訪問は、悟りを開かれてから5年後。北部のジャフナ半島にある
ナーガディーパ島を訪れました。
全長は10kmほどの小さな島ですが、当時宝石がちりばめられた玉座をめぐり
争いが起こっていました。
仏陀はこの争いを止め、玉座を譲られますが断り、ストゥーパに奉ったそうです。
今でもなお、このストゥーパは残っています。

さて本題のキャラニヤの紹介へ。悟りを開かれてから8年後の三度目の訪問。
キャラニヤを訪問されたのは5月の満月の日でした。
伝説によると、この地で沐浴をし、説教をしたそうです。

現在も美しい寺院の姿がご覧いただけます。

手前:本堂 奥:ダーガバ(仏塔)
男性も女性も、上下白の服装で参拝に来る方が多いです。

中に入ると、あたり一面に壁画が・・・!
そういえば仏歯寺の新堂にも歴史絵がありましたね。

美しく残された壁画
壁画だけでなく、仏像なども出てきて迫力もあります。
天井までびっしり!

壁や天井も壁画・仏像で埋め尽くされています
そして黄金の涅槃物
非常に多くの方が祈りを捧げていました。

黄金の涅槃物
さらに進むとこちらもまたぴかぴか
仏陀の遺灰の一部を祀っているそうです。

タスカーもあります
内側は圧倒されっぱなしでしたが、もちろん外側も美しいです。

ガネーシャも発見しました!
こちらはムーンストーン!
ムーンストーンは入り口から悪魔が入るのを防ぎ、本尊を守るために
仏塔や仏寺の入り口に建てられます。

ムーンストーン:アヌラーダプラ、ポロンナルワのものと異なり動物がほとんど描かれていません
アヌラーダプラやポロンナルワを訪問した後の方はお気付きかもしれませんが、
描かれているものが違います!動物はゾウくらいしか確認できません・・・

ちなみに、アヌラーダプラのムーンストーンには動物が4種類
【ゾウ・牛・ライオン・馬】が描かれていますが、
ポロンナルワのムーンストーンには【牛】が描かれていません
これは、この時代の頃にはすでにインドからヒンドゥー教が伝わり、
神様である牛を外したからだと言われています。

興味深いですよね。。。
文化と宗教が共存するスリランカ。

ちなみに、仏陀はこの三度目の訪問時にはキャラニヤのみならず、
その他13の地を巡ったそうです。
詳しくはまた今度の機会にでも・・・

ぜひコロンボで時間ができた際はキャラニヤ寺院を訪れてみてはいかがでしょうか。
■お問い合わせはこちらから■

Text by Reina Sakamoto

2019-08-08

[期間限定]やっと実現!スリランカへビザ無しで行ける!

アーユボワーン!
ネイチャー・エクスプローラー・ランカの坂本です。

嬉しいニュースですね、
そう、スリランカの観光ビザ(ETA)が期間限定ではありますが
このたび、無償化となったのです!

この話は長らく続いており、本来は5月1日から・・・という話でした。

ですが、4月の事件があってから延期となり、
まだかまだかとそわそわしていたところです。

気になる期間は!というと・・・
2019年8月1日 ~ 2020年1月31日 まで!

なんと!年末年始旅行にも対応されちゃっています!
素晴らしいですよね♪

観光ビザ(ETA)は1人あたり35USドル(アライバルの場合は40USドル)と、
決して安くはない金額でしたのでこれはかなりHAPPYなニュースです。

ご家族での旅行等にもおすすめですね。


ちなみに・・・
無料!やったー!何もしなくても良い!
というわけではなく、入国審査時の混雑を避けるため、
出発前に事前申請は行なってください、とのことでした。

公式WEBサイト
http://www.eta.gov.lk/slvisa/

トップページはこんな感じです

今までは、申し込み時にクレジットカードの情報入力が必要でしたが、
無償化の時期はこの入力がスキップされていました。

事前承認が完了すると、登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、
このメールをプリントアウトすればOKです!

これでスリランカへ旅行がしやすくなります!!
ぜひ、この機会にスリランカへお越しください。


■お問い合わせはこちらから■

Text by Reina Sakamoto